バンライフ完全ガイド!おすすめ車種と楽しみ方

バンライフ完全ガイド!おすすめ車種と楽しみ方

こんにちは。スワネルです。

バンライフ完全ガイドでは、おすすめの車種、楽しみ方、注意点などをわかりやすく紹介。
ランキングや必要な道具も紹介しているので、バンライフを始める方にぜひ役立ててください!

バンライフが気になっているけど、どんな車がいいのか、何が必要なのか分からない人に朗報!
この記事では、バンライフの基本から選び方やコツ、おすすめ車種まで詳しく紹介していくよ。

まずは、バンライフの魅力をおさらいし、自分にぴったりの車を選ぶポイントや、快適なバンライフを送るための道具を見ていこう。

次に、バンライフに最適な車種ランキングTOP5をチェック!
各車種の車内スペースや走行性能を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけよう。

さらに、バンライフで楽しめるアクティビティや必要な道具も紹介するから、参考にしてみてね。

最後に、バンライフを始めるための準備をまとめたので、これを読めばバンライフがもっと身近に感じられるはず。
さあ、自分だけのバンライフを始めよう!

 

バンライフとは?始め方やおすすめの車種、注意点などの基礎知識を紹介

 

バンライフは、車中泊をしながら旅を楽しむライフスタイルです。
自分のペースで移動でき、必要なものを積んで自由な生活ができるのが魅力です。しかし、バンライフをスタートする前に、適切な車選び、道具の準備、注意点などを押さえておくことが大切です。この記事では、バンライフの基礎知識を紹介します。

 

バンライフの定義とその魅力

 

バンライフは、車(主にバンタイプの車両)を使用して旅行や仕事をしながら生活することを指します。車中泊を基本とし、自炊や移動の自由度が高いのが特徴です。バンライフの魅力は、次のような点が挙げられます。

- 自分のペースで移動できる

- 車内で寝泊りや食事ができる

- 快適な空間を自分好みにカスタマイズ可能

これらの魅力を活かして、あなただけの楽しいバンライフをお過ごしください。

 

気になるバンライフの過ごし方と必要な道具

 

バンライフの過ごし方は人それぞれですが、一般的な過ごし方としては、移動しながら観光地を巡る旅行が多いでしょう。また、車内で寝泊りや食事をするため、以下の道具が必要となります。

- マットや寝袋で快適な寝床の確保

- クッキング用品や食器で自炊の準備

- 収納ボックスやポケットで整理整頓

これらの用品を揃えて、快適なバンライフを実現しましょう。

 

バンライフに適した車の条件と選び方

 

バンライフに適した車の条件としては、以下の点が重要です。

- しっかりとした寝床が確保できるスペースがあること

- 高速道路や狭い道でも走行しやすいサイズ感であること

- 燃費や走行性能が良いこと

これらの条件を満たす車種として、コンパクトなバンやワゴンタイプの車がおすすめです。試乗や車内の広さを確認することも大切な選び方のひとつです。人気の車種としては、スズキのエブリイ、ホンダのNVAN、トヨタのハイエースなどがあります。車選びに悩んだら、専門家の意見や口コミ情報を参考にしてみてください。

 

バンライフの注意点と安全対策

 

バンライフは自由な生活スタイルで楽しい反面、注意点や安全対策が重要です。
まず、車中泊の場所選びには十分注意しましょう。

公共の駐車場やキャンプ場、道の駅などがおすすめです。
盗難防止のため、人気のある場所や明るい場所を選びます。

また、運転は疲れを溜めないよう定期的に休憩を取り、燃費や環境にも配慮しましょう。
運転の安全面では、車間距離を保ち、高速道路ではスピードに注意して事故防止に努めます。

車内の火災に注意し、調理や暖房に使用するガスやアルコールストーブは十分に管理し、消火器を備えておくことが大切です。
また、換気のために窓を開ける際は、虫や草花のアレルギー対策をしておくと良いでしょう。

車内の収納や荷物の積み方も、運転の安全に直結します。
重い荷物はできるだけ低い位置に置き、急ブレーキ時に飛ばされる危険を減らします。さらに、車内トイレや救急キット、非常食を備えておくと安心できます。

バンライフを楽しみながら、各種注意点や安全対策を実行することが大切です。

 

バンライフのメリット・デメリット

 

バンライフには大きく分けてメリットとデメリットがあります。
メリットとしては、自由な移動や生活が可能で、道中での登山やキャンプ、温泉巡りなどが楽しめます。
車内での料理や食事も魅力的で、節約効果も期待できます。

一方で、デメリットとしては、限られた車内スペースでの生活が長期化するとストレスが溜まることもあります。
また、燃料費や駐車場代などランニングコストが高くなることも懸念点です。さらに、車内でのトイレやシャワー設備が限定され、就寝や衛生面での制約があります。

バンライフを始める前に、これらのメリット・デメリットをよく理解し、自分のライフスタイルやニーズに合った選択をしましょう。

 

バンライフに最適な車種ランキングTOP5

 

バンライフに最適な車種をランキング形式で紹介します。1位は、スズキ・エブリイバンで、コンパクトなボディながら広い室内スペースが魅力。低燃費かつ低価格で、初心者におすすめです。
同様にダイハツ・アトレーも同等のスペースもあり安全性能も乗用車と同様の設備が整っています。

2位は、日産・NV200バネット、商用車ながら快適な車内空間と多彩な収納が特徴。サイズ感も運転がしやすいサイズ感である為ファミリーカー使いや、
女性だけでも取り回ししやすい車です。

3位は、トヨタ・ハイエースで、幅広い用途に対応できる多機能性が高評価。
サイズ感やグレードも選べるので予算や目的を考慮しながら荷室空間を確保できます。スワネルも丸目ハイエースにしたことでお気に入りです。
同様に日産・キャラバンもおすすめ。

4位は、デリカD:5、見た目のインパクトとオフロード性能が魅力。
ドライブの楽しさも欲しい方にはワイルドなバンライフがおすすめ!

5位は、SUBARU・サンバー、軽自動車ながらバンライフに適した内装が話題です。
エブリイやハイゼットよりも少ないのでよりオリジナリティが出しやすくおすすめ。

最適な車種は、自分のライフスタイルや目的、予算に合わせて選びましょう。試乗やカタログ比較、口コミなども参考にして、バンライフにぴったりの1台を見つけてください。

 

車内スペース事情

 

車種選びは、車内スペースと走行性能に注目。
例えば、軽自動車は燃費が良く駐車もしやすいが、車内スペースは限られる。
一方、バンタイプは車内スペースが広く、荷物や道具がたくさん積める。

スズキのエブリイバンやハイエース系は、商用車として人気があり、車内スペースの広さが魅力。
狭い道路でも運転しやすく、高速道路での安定した走行性能も確保される。

特にコンパクトな車種として、スズキのエブリイやダイハツのアトレーがおすすめ。
W1200ほど取れるのでデュオでも就寝可能なのでスワネルもハイエースとアトレーに乗っていますが意外とアトレーなど軽バンで充分と思っていたり。

コンパクトなので小回りが利き、絶景に続く細い道や人気スポットの狭い駐車スペースにも対応。
ただし、車内スペースには限りがあるので、荷物の量や用途によって選択が変わる。

そしてバンライフを快適に楽しむ場合には、キャンピングカーが最適。

各車種の車内スペースや走行性能を比較し、目的に合った1台を選ぶことが大切だ。

 

おすすめの軽自動車やトラック、バンの選び方

 

軽自動車やトラック、バンの選び方は、以下のポイントに注意。

- 用途: 仕事で使うなら商用車やトラックがおすすめ。家族でのお出かけや趣味での利用なら、軽自動車やワゴンタイプが良い。

- 燃費: 燃費の良い車種は維持費が抑えられるため、自動車税や保険料も安くなる。

- 車内スペース: 荷物や家族の人数に合わせて選択。限られたスペースで暮らすバンライフには、広い車内スペースが欠かせない。

- 走行性能: 街中での運転を想定するなら、小回りが利くコンパクトカーや軽自動車が向いている。高速道路での安定走行も重要。

- 安全性: 最近の車種には、自動ブレーキや事故回避支援機能が搭載されている。特に家族で利用する場合は、安全性の高い車種を選ぶこと。

上記のポイントを考慮し、予算や好みに合わせて車種を選ぶ。

 

バンライフにおすすめの中古車と購入ポイント

 

バンライフにおすすめの中古車は、ハイエースやデリカ、ボンゴなどのバンタイプ。
最低限からスタートしたい場合は軽バンの購入や、まずはレンタルからなどもGOOD!

バンライフでは、車内での生活や移動が多いため、車内スペースが広く、走行性能も重要。

中古車の購入ポイントは、走行距離や車検切れ期間に注意。バンライフで必要な改造や車両整備に費用がかかるため、予算を考慮する。

また、バンライフに適した車内設備の有無も確認。例えば、就寝スペースや収納スペース、電源設備などがあるとバンライフが快適になる。

最後に、試乗をして運転のしやすさや快適性をチェック。バンライフを楽しむためには、運転がストレスにならないことが大切だ。

軽バンや軽トラは座席やハンドルポジションが変えられないこともあり、
長時間の運転で疲れやすい点があるので試乗はしましょう。

スワネルもアトレーのハンドルポジションが変えられずここだけ不満です。

 

バンライフでのおすすめアクティビティと必要な道具

 

バンライフを楽しむためのおすすめアクティビティは、キャンプ、登山、料理などです。

キャンプでは、快適なスペースを確保するために、車内に適した寝具や収納アイテムが必要です。

また、焚火やバーベキュー、食事を楽しむためには、専用の道具やキッチン用品が欠かせません。

登山を楽しむ場合、適切なアウトドアウェアや靴、登山道具を用意することが重要です。

料理に興味がある方は、車中で使えるコンパクトな調理器具や食材の保存方法を考えましょう。

バンライフで様々なアクティビティを楽しむためには、事前に道具の準備や収納方法を工夫することが大切です。

 

キャンプや登山、料理などバンライフで楽しめる趣味

 

バンライフは、キャンプや登山、料理などのアウトドア活動を楽しむのに最適な生活スタイルです。

キャンプを楽しむためには、車内で寛げるスペースと寝具を用意しましょう。

登山には、地図やコンパス、頑丈なウェアや靴が必要です。

また、車中で料理する際には、使い勝手の良いコンパクトな調理器具や食材の保存方法を見つけることが大切です。

 

バンライフの最低限必要な用品と収納アイデア

 

バンライフを始める際、最低限必要な用品は寝具、調理器具、防寒対策などです。

収納アイデアとして、多目的に使えるアイテムやコンパクトな収納ケースを利用することがおすすめです。

また、車内での生活スペースを広く使うために、天井に取り付けられる収納システムや床下にスペースを活用するアイディアも検討してみましょう。

 

実際に僕は車中泊マットとしてバンライフソファを使い、防寒具には魔法瓶ブランケットを使い冬の車中泊を快適に過ごしています。

車中泊マット

まとめ:バンライフを始めるための最適な選択と準備

 

バンライフを始めるためには、適切な車種選びや用品の準備が大切です。

また、アクティビティに応じた道具や衣類、収納アイデアを考慮しましょう。

さらに自分のライフスタイルや好みに合った車内空間を作り上げることで、快適なバンライフを送ることが可能です。

この記事を参考に、バンライフを始める準備を進めていきましょう。

準備が整ったら、さあ、あなたもバンライフで素敵な時間を楽しんでください。

SUWANERU JOURNAL

RSS
バンライフキット
SUWANERU

車中泊ライフを格上げ!SUWANERUハイエースバンライフキット

moritakazuma
moritakazuma

SUWANERUハイエースバンライフキットを利用すれば、車中泊ライフが一段と快適になります。 このキットを使用すれば、車中泊での寝心地はもちろん、インテリアデザインも一新され、快適な車室空間が実現します。 具体的には、3WAYで利用可能なソファやベッドにより、車内でのリラックスタイムが大幅にアップします。 実生活やイベント時のみなさんの声を反映したシンプルなデザインはスッと愛車に馴染み新たな冒険へ共に進む相棒に変わります。 気になる商品ラインナップや仕様・価格なども紹介していますので、ぜひ記事をチェックして、快適なバンライフを実現しましょう。 SUWANERUハイエースバンライフキットで快適バンライフを SUWANERUバンライフキットは、シンプルで手に馴染むデザインと機能性でバンライフをより楽しく快適にするためのアイテムです。寸法設計を人間工学に基づき工夫することで、限られた空間を有効活用できるよう考慮しています。 また、合板を採用することで、耐久性や軽量化が実現されています。このキットには、ソファやベッド、テーブルなどの必要なアイテムが揃っており、家具は六角を使用し固定はフロアパネルにビス打ちするだけの、簡単な組み立てや取り付けが可能です。 クルマ旅、キャンプやアウトドアでの使用を考慮し、車内での快適なバンライフを実現できます。SUWANERUバンライフキットで、最高のバンライフをお楽しみいただけます。 ソファとベッドの3WAY利用で車中泊も快適に   このバンライフキットには、ソファとソロベッド、デュオベッドの3WAY利用ができるアイテムが含まれています。この機能により、車内でのリラックスタイムや車中泊がより快適になります。 ソファモードでは、車内での会話や食事を楽しめるW1800と大人2人でも余裕ある広い座面。一方、ベッドモードでは、背もたれとマットのレイアウトを変えることで1人就寝、2人就寝とバン内での快適な睡眠を実現します。 状況に応じて簡単に切り替えられるので、車内での過ごし方が広がります。なにより車内に2人がいたままでもレイアウト変更がしやすい作りになっています。 素材と機能性にこだわったバンライフソファ このバンライフキットのソファは、素材と機能性にこだわって作られています。中材にはほとんどが空気の層でできたエアファイバーを使用し湿気を溜め込まない透湿性、厚み5cmながら復元力の高い耐久性と快適な座り心地を実現しました。 また、汚れてしまったりした際にも簡単なメンテナンスができる設計になっています。さらに、背もたれも使い方がいくつかあり柔軟にレイアウト変更可能で、シーンに合わせて使えます。 こうした機能性に優れたソファで、バンライフがさらに快適になることでしょう。 バンライフキットの仕様と商品一覧 バンライフキットには、以下のような特徴があります。 - マットやクッション: マットにはエアファイバー、背もたれにはウレタン素材を使用し、快適な寝心地を提供。カバーとマットは丸洗い可能で清潔に保てます。 - ベッド兼テーブル:...

初心者必見!バンライフで快適な車中生活の秘訣

初心者必見!バンライフで快適な車中生活の秘訣

moritakazuma
moritakazuma

初心者にも分かりやすく、バンライフの魅力を解説します。バンライフは、車中生活を楽しむためのライフスタイルであり、自由に移動しながら仕事や旅行を楽しむことができます。