車中泊マット

車中泊マット完全ガイド!素材・サイズからメンテナンスまで

車中泊マットの選び方を詳しく解説!
素材やサイズの違い、最新おすすめアイテムから寝具やカバー選び、お手入れ方法まで、快適な車中泊ライフを実現するための完全ガイドです。

車中泊がますます人気となる中、快適な車中泊マットを選ぶことが重要です。

本記事では、車中泊マットの基本知識、ウレタンフォームと空気式の素材の違いやSUWANERUで採用しているエアファイバー素材。

車種別に最適なサイズ、厚みや快適さを追求するポイント、高機能マットの購入ポイント、寝具やカバー選び、お手入れ方法を紹介します。

あなたにぴったりの車中泊マットを見つけ、快適なアウトドアライフを送りましょう。

 

車中泊マットの基本知識:選び方

 

車中泊マットはアウトドアやキャンプでの車中泊を快適に過ごすために必要不可欠なアイテムです。

選び方のポイントは、まず使用する車種に合ったサイズを選ぶことが重要です。

車内でフラットなシートを作るためには、段差の解消やシートとマットの連結も考慮しなければなりません。また、適切な厚み、幅、重量を確認することも大切です。

 

次に、素材に注目してください。

人気のウレタンフォームや空気を入れるタイプのエアマットレスがあります。

ウレタンフォームは反発性があり寝心地が良い一方、重量があります。

エアマットレスは軽量で持ち運びしやすく、空気の量を調節できるため、寝心地を自分好みに調整できます。

そしてSUWANERUではこの2種の長所と短所を解消するエアファイバーを使用しています。

 

車中泊マットの素材の違い:ウレタンフォームと空気式や新素材のエアファイバー

 

車中泊マットには、主にウレタンフォームと空気式、綿を使用した布団タイプの3種類の素材に加えてエアファイバーがあります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを理解して、自分に合ったマットを選びましょう。

ウレタンフォームは、反発性が高く、しっかりとした寝心地が特徴です。

また、ウレタンフォームは通気性が良く、湿気がこもりにくいため長時間の車中泊にも向いています。

一方で、ウレタンの質により寝心地や通気性、耐久性に差がある点に注意。そして重量があるため、持ち運びや収納に苦労することも。

空気式(エアマットレス)は、軽量で持ち運びが容易であり、空気の量を調節できるので自分好みの寝心地を楽しむことができます。

しかし、空気を入れる際にポンプが必要であったり、破れや穴が開きやすいデメリットもあります。

布団は、車中泊に最適なサイスがなくても、柔軟性があるため、比較的車種を選ばず気軽に取り入れやすいというポイントがあります。

エアファイバーは、3次元的に蜘蛛の巣のように網目状になっており、点と面で支えるマットレスに必要な2面を兼ねており、

どれよりも通気性がよく復元力に優れているため高耐久です。

衛生面でも丸々水洗いが可能なため、ペットと車旅をされる方にもおすすめです。

 

車中泊マットのサイズ選び:車種別に最適なサイズのまとめ

 

車中泊マットのサイズ選びは、車種によって異なります。以下に、主な車種別に最適なサイズのまとめを示します。

【軽自動車】幅90cm~100cm、長さ170cm~180cm

【コンパクトカー】幅90cm~100cm、長さ180cm~190cm

【セダン】幅100cm~110cm、長さ190cm~200cm

【SUV・ミニバン】幅100cm~120cm、長さ190cm~210cm

自分の車種に合ったサイズの車中泊マットを選ぶことで、快適な車中泊が可能になります。また、収納時のコンパクトさも考慮し、シングルサイズやダブルサイズなど、用途に応じた選択が必要です。さらに、

車のシートや段差がある場合は、それらを解消できるアイテムを併せて購入すると、より快適な車中泊が楽しめます。

 

車中泊マットの厚みや快適さ:ポイント

 

車中泊マットの選び方は、厚みや快適さが重要です。厚みは、車内での快適な寝心地を確保するために必要で、底冷えや車内の硬さを緩和し、疲れを軽減する。

一般的に厚さは5cm以上が望ましい。また、使用される素材もポイントで、ウレタンフォームやエアーマットレスなどがある。ウレタンフォームは反発性に優れ、エアーマットレスは空気量を調整して好みの硬さができる。

 

良い寝心地を追求:高機能車中泊マットの購入ポイント

 

高機能車中泊マットを購入する際のポイントは、サイズと素材、快適性、収納性である。

ますサイズは、使用する車種や車内スペースに合ったものを選ぶ必要がああります。

一般的にはシングル、ダブル、ワイドなどがあり、軽自動車からワイドな車まで対応できる。

次に素材で、厚みや反発性に優れたエアファイバータイプが嵩張らずしっかり目の寝心地の為、腰痛予防にも最適です。

 

快適性は、寝心地や底冷えを防ぐことが重要で、車内での寝心地を追求するために選ぶべきマットの特徴である。

収納性においては、コンパクトに持ち運びができ、折りたたんでスペースを有効活用できるものが良い。

こうした条件を満たす高機能車中泊マットは、快適な車中泊を実現するために是非検討したいアイテムである。

 

 

車中泊での寝具やカバー選び:素材・デザイン・機能ごとのおすすめ

 

車中泊において、快適な睡眠を得るためには、寝具やカバーの選び方が重要です。素材、デザイン、機能に着目し、おすすめのアイテムを紹介します。

まず、素材については、エアファイバーやウレタンフォームや反発生地を使用したクッションやマットレスが適しています。これらは体圧分散効果があり、寝心地の良さが期待できます。

 

デザイン面では、車内の空間を有効活用するために、車種専用の寝具やカバーが最適です。また、カラーは落ち着いた雰囲気を演出することが望ましいです。

特にアイボリー系の生地を選べば空間が明るく広く感じられます。

 

機能的には、収納や持ち運びが簡単なアイテムが求められます。コンパクトで軽量な商品を選ぶことで、さらなる利便性を享受できます。

人気の車中泊用品を購入する際は、価格やサイズを確認し、必要に応じてエアーポンプやシートなどの付属品も検討してください。

 

車中泊マットのお手入れ方法:持ち運びや収納方法まで解説

 

車中泊マットのお手入れ方法や持ち運び、収納方法を学んで、長持ちさせましょう。

まず、掃除や汚れの落とし方ですが、表面の汚れは柔らかい布を使って拭き取り、カバーは洗濯機で洗うことができるものを選びましょう。

持ち運びの際は軽量でコンパクトなタイプを選び、必要に応じて収納ケースやバッグを使用して保護しましょう。

また、エアーマットレスの場合、空気を抜いて小さく畳むことがポイントです。

収納方法は、湿気や直射日光を避けるため、涼しく乾燥した場所に保管しましょう。また、圧縮袋を使用してスペースを節約する方法もあります。

以上の方法で、車中泊マットを正しくお手入れして、長く快適な使用を楽しみましょう。

 

suwaneruのバンライフソファでは、カバーリングタイプなのでカバーのみ洗濯したり、中材も丸々水洗い可能な為メンテナンスがしやすく

いつでも清潔にご使用いただけます。

 

まとめ:車中泊マット選びで素敵な車中泊ライフを!

 

今回は、車中泊に適した寝具やカバーの選び方と、マットのお手入れ方法について解説しました。適切な商品選びと手入れにより、素敵な車中泊ライフが送れるでしょう。

次のステップとして、上記の情報を元にお気に入りのマットやカバーを見つけ、快適な車中泊を実現しましょう。最適なアイテムを手に入れることで、アウトドアやキャンプがさらに楽しくなることでしょう。

SUWANERU JOURNAL

RSS
初心者必見!バンライフで快適な車中生活の秘訣

初心者必見!バンライフで快適な車中生活の秘訣

moritakazuma
moritakazuma

初心者にも分かりやすく、バンライフの魅力を解説します。バンライフは、車中生活を楽しむためのライフスタイルであり、自由に移動しながら仕事や旅行を楽しむことができます。

バンライフ完全ガイド!おすすめ車種と楽しみ方

バンライフ完全ガイド!おすすめ車種と楽しみ方

moritakazuma
moritakazuma

バンライフが気になっているけど、どんな車がいいのか、何が必要なのか分からない人に朗報!この記事では、バンライフの基本から選び方やコツ、おすすめ車種まで詳しく紹介していくよ。