EP.2 ローソファに合うアウトドアこたつとの出会い

EP.2 ローソファに合うアウトドアこたつとの出会い

こんにちは。

スワネルのカズマです。

私は家でも外でも、そして車の中や時に車の上、
どこでも床に近い暮らし=フロアライフをしています。

今回は前回話をしたSUWANERU始まりのきっかけの後から

現在に至るまでの過程をお伝えできればと思います。

現在に至るまでは主に2つのストーリーがございます。

今回はその1つである

■ローソファ×バンライフに最適なこたつテーブル

との出会いについて。

もう1つの

■アウトドアローソファ TRAVEL SOFAの進捗

は次回にまとめていきます。

2021年4月末に丸目ハイエースが納車されて
本格的にどこでも床に近い暮らし=フロアライフがスタートしました。

アウトドアこたつの話は少し遡ることになります。
2020年8月から何度かキャンプをしながら自分達がバンライフを始めたら。
ということを考える日々が続いておりました。

そして車両も当時はアウトランダーに乗っており、
車中泊もままならず、ハイエースやバン車両もまだないのに、
車内や外で使うことを想定したローソファと相性がよく
バンライフやキャンプに使えるテーブルが欲しいと考え始めました。

■ローソファ×バンライフに最適なこたつテーブルとの出会い

ただのテーブルではなく、ローソファキャンプをする。
家で例えるなら地べた生活で使うちゃぶ台ではなく、
ローソファと相性がいいテーブル。

そこで車中泊やキャンプでローソファと一緒に使用して相性のいいテーブルであることをベースに考え始めます。

そしてせっかく外でも地べた生活をしていくなら
日本らしい暮らし、それこそ冬の地べた暮らしといえば【こたつ】でしょ。
そこで日本らしい冬の景色を外に持ち出し、
どこででもこたつのある暮らししたい。

このふたつを軸に考え探しだして、これらを叶えられるテーブルとして
たどり着いたのが、

組み立て式でコンパクトなアウトドアこたつを展開しており
高知県に拠点を構えるSO9さんと2020年冬に出会いました。

見つけた当時、このこたつテーブルがあれば家、外、そして車を
シームレスに繋ぐことが出来る、まさに我々が求めている
物に出会えた!と興奮していたのをお覚えています。

分解すれば厚さ6cmとコンパクトになるので
積載の邪魔をせず、今なお私たちの暮らしに欠かせない主力として活躍してます。

そしてこのこたつの特徴として熱源が豆炭となり電源不要で長時間もつので
近くで焚き火やストーブをつけなくても過ごせます。※厳冬期は状況により。
バンライフや車中泊の際も換気をしつつ車内でも使うこともできます。
※着火時には煙や匂いが出るので、取り扱いにご注意頂きながら使用ください。

この特徴を活かして寒い冬のキャンプにはランタンや焚き火など
光源となる物を消し辺りを暗くして
こたつとローソファの組み合わせで体を芯から温めながら、
ダランとくつろぎながら星空を眺める時間は最高なのでオススメです!



この体験を初キャンプから半年経たずで出来たのも、
キャンプの魅力に更に引き込まれるきっかけのひとつとなりました。
(元はどちらかといえばオンラインゲーム楽しい!というインドア派)


■商品ご紹介 
現在SUNWANERU(すわねる)でのSO9商品の展開としては以下の

ソロこたつ ナチュラル


ソロこたつ ブラック



アウトドアコタツ

現在は以上の3種となっております。
ちなみにこたつと言ってますが、
オールシーズン問題なく使えます!

今後もSO9さんとは面白くなる展開を考えております。
またSUWANERUでの扱う商品ラインアップも増える予定がございます。

このこたつについても昨年は店舗があるHAREM大阪で
展示をしておりましたが、今年は前回書いた通り、
全国へソファを持ち出し旅に出るので
動くショールームとして全国のご検討中の方へお見せしたり
体験したりともらったりできればと考えています!
ぜひ取り扱い店舗が近くになく現物見たいという方はコメントください。

そして、この動くショールーム計画にもSO9さんと関われそうです。
こちらは時が来たら別記事でたっぷりとお伝えします。

今回は座る寝るの近くにあると嬉しい家具として
【テーブル】を 取り扱い始めた経緯などをまとめさせていただきました。

次回はアウトドアローソファの進捗についてとなります。

SUWANERU JOURNAL

RSS
バンライフキット
SUWANERU

車中泊ライフを格上げ!SUWANERUハイエースバンライフキット

moritakazuma
moritakazuma

SUWANERUハイエースバンライフキットを利用すれば、車中泊ライフが一段と快適になります。 このキットを使用すれば、車中泊での寝心地はもちろん、インテリアデザインも一新され、快適な車室空間が実現します。 具体的には、3WAYで利用可能なソファやベッドにより、車内でのリラックスタイムが大幅にアップします。 実生活やイベント時のみなさんの声を反映したシンプルなデザインはスッと愛車に馴染み新たな冒険へ共に進む相棒に変わります。 気になる商品ラインナップや仕様・価格なども紹介していますので、ぜひ記事をチェックして、快適なバンライフを実現しましょう。 SUWANERUハイエースバンライフキットで快適バンライフを SUWANERUバンライフキットは、シンプルで手に馴染むデザインと機能性でバンライフをより楽しく快適にするためのアイテムです。寸法設計を人間工学に基づき工夫することで、限られた空間を有効活用できるよう考慮しています。 また、合板を採用することで、耐久性や軽量化が実現されています。このキットには、ソファやベッド、テーブルなどの必要なアイテムが揃っており、家具は六角を使用し固定はフロアパネルにビス打ちするだけの、簡単な組み立てや取り付けが可能です。 クルマ旅、キャンプやアウトドアでの使用を考慮し、車内での快適なバンライフを実現できます。SUWANERUバンライフキットで、最高のバンライフをお楽しみいただけます。 ソファとベッドの3WAY利用で車中泊も快適に   このバンライフキットには、ソファとソロベッド、デュオベッドの3WAY利用ができるアイテムが含まれています。この機能により、車内でのリラックスタイムや車中泊がより快適になります。 ソファモードでは、車内での会話や食事を楽しめるW1800と大人2人でも余裕ある広い座面。一方、ベッドモードでは、背もたれとマットのレイアウトを変えることで1人就寝、2人就寝とバン内での快適な睡眠を実現します。 状況に応じて簡単に切り替えられるので、車内での過ごし方が広がります。なにより車内に2人がいたままでもレイアウト変更がしやすい作りになっています。 素材と機能性にこだわったバンライフソファ このバンライフキットのソファは、素材と機能性にこだわって作られています。中材にはほとんどが空気の層でできたエアファイバーを使用し湿気を溜め込まない透湿性、厚み5cmながら復元力の高い耐久性と快適な座り心地を実現しました。 また、汚れてしまったりした際にも簡単なメンテナンスができる設計になっています。さらに、背もたれも使い方がいくつかあり柔軟にレイアウト変更可能で、シーンに合わせて使えます。 こうした機能性に優れたソファで、バンライフがさらに快適になることでしょう。 バンライフキットの仕様と商品一覧 バンライフキットには、以下のような特徴があります。 - マットやクッション: マットにはエアファイバー、背もたれにはウレタン素材を使用し、快適な寝心地を提供。カバーとマットは丸洗い可能で清潔に保てます。 - ベッド兼テーブル:...

初心者必見!バンライフで快適な車中生活の秘訣

初心者必見!バンライフで快適な車中生活の秘訣

moritakazuma
moritakazuma

初心者にも分かりやすく、バンライフの魅力を解説します。バンライフは、車中生活を楽しむためのライフスタイルであり、自由に移動しながら仕事や旅行を楽しむことができます。